世界ごはんたべ記#38 イスラエルの朝食専門店「ベネディクト」

LINEで送る
Pocket

「世界ごはんたべ記」のせつめい

「世界ごはんたべ記」は、ライターのがぅちゃんによる外食の記録です。どんなお店で何を食べたか、どんなことを感じたか……などなど、じゆうに書いています。

海外ぐらしが長いので、異国のお店はひんぱんに登場します。とはいえ「世界」と名乗っている手前、母国のお店も発表していかねばなぁと思っています(……か?)。



前回の記事「#37 イスラエルのレストラン/クラロ」はこちら。「世界ごはんたべ記」の記事一覧はこちら

ベネディクトとは

「オール・アバウト・ブレックファスト」。

「ベネディクト/Benedict」は、イスラエルにあるチェーンレストラン。「朝食専門店」というよりは、「朝食メニューを24時間食べられるお店」。(欧米先進国のセンスでキュレーションされた)世界の朝食が食べられる。イスラエルの定番料理もある。スローガンは「ウェルカム・トゥー・ザ・ワンダフル・ブレックファスト」。

「グッド・モーニング」。

ベネディクトは、「イスラエルのレストラン」というよりは「地中海料理を含む、アメリカのレストラン」という感じ。ニューヨークのファンシーなレストランをイメージしているらしい。2006年創業。コロナ前までは、24時間営業だった。2021年4月時点では、イスラエルの東京「テルアビブ」を中心に、国内に9店舗ある。

アメリカというか、国籍を感じさせないインテリア。

ベネディクトの雰囲気

お店の外観。

テラス席。

ヘブライ語と英語で「おはよう」とある。

ベネディクトは、テルアビブのロスチャイルド店がいちばん有名だと思う。なぜなら、店舗がある「ロスチャイルド通り」が有名だから。これまた有名な「アレンビー通り」との交差点にあるので、なおのこと。京都でいうところの「四条河原町」みたいなことだ(四条通りと河原町通りが交差する、京都最大の繁華街エリア)。

【動画】ロスチャイルド通りとアレンビー通りの交差点の雰囲気。

関連記事:定番だけ厳選!イスラエル・テルアビブのおすすめ観光地9選

ベネディクトのロスチャイルド店は、たぶん、イスラエルで暮らした3年間で最も通ったお店だと思う。「週末のブランチはとりあえずここ」みたいな習慣があった。土曜の昼とかは、大体いつも入店待ちの列ができていた。店内は、欧米先進国のおしゃれなカフェダイニングという雰囲気。外国人観光客も多い。

店内の雰囲気。

休日の昼の列。

ベネディクトのメニュー

デザインが美しい。

朝食の定番アイテムがそろう。

ブランチ・カクテルも充実。

もう「アメリカのレストラン」とか言っちゃっていいと思う。基本概念はそっち寄りだ。オムレツ、パンケーキ、エッグベネディクト…、アメリカのダイナーにあるような、王道の朝食メニューが揃ってる。それらに加え、イスラエルの朝食の定番も揃ってる。隙のないメニューだ。観光で来た友達を連れて行きたくなる。

ブランチカクテルの定番「ミモザ」。アメリ感。

温かいパンが食べ放題。種類も様々。

ヌテラとバターつき。

シナモン風味のジャムもついてくる。

エッグベネディクト

エッグベネディクト・ベーコン。

お店が「ベネディクト」と名乗ってるし、これは頼まなきゃな気がした(勝手に)。6種類あって、トッピングも豊富。エッグベネディクトは、イングリッシュマフィンの上にポーチドエッグが乗ってオランデーズソースがかかってるのが一般的。でもベネディクトのは、イングリッシュマフィンではない。イスラエルにはイングリッシュマフィンが売ってない。

エッグベネディクト・フロレンティーン&スモークサーモン。

パンケーキ

780円(26シェケル)。@ロスチャイルド店

ちょっと個性的なパンケーキ(ホットケーキ)だ。底が深めの小型スキレットで焼いてると視た。スポンジケーキの一歩手前みたいな感じ。メープルシロップと一緒に提供される。日本でも(というかどの国でも)、美味しいと言われそうな味。店舗によってクオリティが急変するときがある。(ロスチャイルド店は繁盛店なのですべらない)

明らかに焦げていたとき。@ヘルツリヤ店

レシュティ

720円(24シェケル)。サワークリームつき。

「レシュティ/Rösti」はスイスのジャガイモ料理で、「ポテトパンケーキ」とも呼ばれる。アメリカの朝食の定番「ハッシュブラウン/hash browns」や東欧の「ラトケス/latkes」と、ほぼ同じ。イスラエルの飲食店には、「似てたらその名前をつけとく」という風潮がある(と感じる)。だから、生魚の料理が「刺身/Sashimi」になってたりもする。

イスラエルで最も有名な刺身。@ウリブリ/アッコ(詳細記事)

シャクシュカ

1830円(61シェケル)。

シャクシュカ/Shakshouka」は、イスラエルの朝食メニューの最強格だと思う。イスラエルの定番料理としても、最もよく名前が挙がる料理のひとつ。でも北アフリカ発祥と言われている。コリアンダー、クミン、パプリカなどを含むトマトソースで、卵を煮る。ベネディクトでは、オーダーすると、店員さんが卵の焼き加減を聞いてくれる。

焼き加減は、半熟(ラニー/Runny)。

イスラエルのシャクシュカは日本のTKGみたいなもんで、テルアビブにはシャクシュカの専門店も存在する。「イスラエル料理を食べたい」と思ってる観光客がおそらく真っ先にターゲットにする料理。ベネディクトのは、サウザンソース、タヒーニ(中東のゴマペースト)、ババガヌーシュ(タヒーニとナスのペースト)もついてくる。パンを無限に食べるのだ。

サウザンソース(仮)。

タヒーニ。

ババガヌーシュ。

味変できまくり。

イスラエリ・ブレックファスト

2130円(71シェケル)。これにサラダがつく。

サラダ2種類から選べる。これはノーマルのやつ。

これは「チョップド・サラダ」、通称「イスラエリ・サラダ」。

「イスラエリ・ブレックファスト/Israeli Breakfast」は、名前でほぼバレてるけれど、「イスラエルの朝食もり合わせ」のこと。名前に関しては、「アイルランドのアイリッシュ・ブレックファスト」とノリは同じ。イスラエリ・ブレックファストは、シャクシュカと並んで、イスラエルの朝食の二大巨塔。

別の店のイスラエリ・ブレックファスト。@Mezizim/テルアビブ(詳細記事)

イスラエリ・ブレックファストは、おもに、「パン」「卵料理」「サラダ」「乳製品」「魚」で構成される。これらの要素にどんな料理を当てはめるかは、お店による…といった感じ。肉が入ってないのが特徴で、これはユダヤ教食「コーシャ」に関係している。コーシャフードは肉と乳製品を混ぜてはいけないので、代わりに魚。

ホテルのビュッフェには、(ロシア系の)ニシンのピクルスとかがある。

ほかのホテル。ニシンのピクルスはだいたい、チーズの横とかに並んでる。

イスラエリ・ブレックファストは「ロシア帝国からやってきたユダヤ教徒の移民が食べていた組み合わせ」。現在でも、魚はロシア系の食品(ニシンのピクルスなど)が用いられる。でもベネディクトのはアメリカナイズされてるので、魚のパートはツナマヨが担当してる(両国のツナマヨのあつかいは、日本と同じ)。

ベネディクトのイスラエリ・ブレックファストの魚担当の、ツナマヨ。

チラキレス丼

1830円(62シェケル)。いちおう、ベネディクトのクラシックメニュー。

ベネディクトのセンスはアメリカなので、アメリカで食されるメキシコ料理(テクスメクス?)は上陸している。メキシコ料理ではなく、あくまでも「アメリカで食べられるメキシコ料理」。そこへ、ベネディクト★アレンジが加わる。「チラキレス/Chilaquiles」はもともと、トルティーヤにソースをかけて食べる料理。

俯瞰。

がぅちゃんは、ベネディクトのチラキレス丼を「どんぶりに盛られたナチョス」だと解釈している。なお、アメリカに「チラキレス丼」があるかどうかは知らない。

「ナチョス/Nachos」はアメリカの定番料理。(参考記事)

爆誕する季節メニュー

「モーニングラーメン」。2010円(67シェケル)。

ベネディクトでは、変わり種のスペシャルメニューが季節ごとに誕生する。「世界中の朝食」といってるから、もちろん日本料理があってもおかしくない。ラーメン自体は、イスラエルでもそこそこ人気だ。でもこのモーニングラーメンは、なかなかネクストレベルな気がした。朝とか関係なくなっている。

具の「ワカメ&チーズ」が美味しかった。

具材は、チーズのダシ、麺、ワケギ、ベーコン、ラディッシュ、ポーチドエッグ、ワカメ&チーズ。何味かよくわからなかった。ほんのり甘くて、チーズの風味。さっきのチラキレス丼もそこそこだったけど、モーニングラーメンは、爆誕系としてぶっちぎってた。

「エジプト流ファラフェルプレートwithシイタケ」もよかった。

ラーメンに感する記事:

世界ごはんたべ記#34 京都のヴィーガンラーメン屋「Vegan Ramen UZU KYOTO」
世界ごはんたべ記#23 イスラエルのラーメン屋「メン・テンテン」
世界ごはんたべ記#17 イスラエルのラーメン屋「ヒロ・ラーメンバー」
日清ラ王の袋麺をイスラエルの家で調理してみた


朝食専門店の記事:

世界ごはんたべ記#18 京都の朝食専門店「ロリマー京都」
世界ごはんたべ記#6 アメリカの朝食専門店「卵と俺」

ベネディクト・ロスチャイルド店の住所:Rothschild Blvd 29, Tel Aviv-Yafo, Israel

出演-おしながき-

ベネディクト/Benedict
ミモザ/Mimosa/32 ILS(960円)
エッグベネディクト・ベーコン/Eggs Benedict Bacon/71 ILS(2130円)
エッグベネディクト・フロレンティーン&スモークサーモン/Eggs Benedict Florentine/82 ILS(2460円)
パンケーキ/Buttermilk Pancakes/32 ILS(960円)
レシュティ/Rösti/24 ILS(720円)
シャクシュカ/Shakshouka/61 ILS(1830円)
イスラエリ・ブレックファスト/Israeli Breakfast/71 ILS(2130円)
チラキレス丼/Chilaquiles/62 ILS(1830円)
モーニングラーメン/Morning Ramen/67 ILS(2010円)

お店のHP

次の記事「#39 イスラエルの朝食専門店/カフェ65」

LINEで送る
Pocket

がぅちゃん
About がぅちゃん 156 Articles
この記事を書いたのも、あの記事を書いたのも、がぅちゃんです。活動歴はプロフィールをどうぞ。