イスラエル料理のチェーン店【ランドバー・カフェ/Landwer Cafe】inアメリカ

LINEで送る
Pocket

イスラエル最大級のカフェチェーン「ランドバー・カフェ/Landwer Cafe」の詳細をアメリカ・ボストン店より紹介。フムス、ファラフェル、イスラエリ・ブレックファストなど食べる。

イスラエルの雰囲気@テルアビブ。

私はイスラエルに3年住んでいた。現地の食べ物を何だこれは?など思いながら食べたり調べたりしていくうちに、カロリーと知識が蓄積されていった。そして痛風になった。

今となっては「イスラエル料理」と呼ぶことを躊躇するほどには小賢しくイスラエル料理を味わえているけれど、そういう意味不明な話はまた今度にしたい。京都に行っても東京に行ってもアメリカのボストンに行っても、私はイスラエル料理を探してる。そんな態度で生きてる人間がこの記事を書いている。

アメリカのボストンにはイスラエル料理店が2軒ある(と私は考える)。1つは「ラミズ/Rami’s」 というお店で、もう一つが「ランドバー・カフェ/Landwer Cafe」 だ。

ランドバー・カフェ/Landwer Cafeとは

ボストンのランドバー・カフェの外観。

ランドバー・カフェはれっきとしたアメリカのカフェだ! と言わんばかりの様子で営業しているかっこいいお店なのだが、実はイスラエルのカフェチェーンだ。イスラエルで最初のコーヒー専門店というだけでなく、イスラエルで二番目に大きいコーヒーチェーンとも言われている。イスラエルにおけるランドバー・カフェのプレゼンスは、京都の小川珈琲のようなものかなと京都人の私が察している。(ちなみにボストンにも小川珈琲はある

そんなランドバー・カフェだからコーヒーしかないのかなと思いきや料理もある。というかほぼレストランだ。「イスラエルの東京」と私が勝手に呼んでいる&ユリゲラーと私も暮らした「テルアビブ」という街の店舗では、定番かつ今時なイスラエル料理が味わえた。

※ユリゲラーと私は同棲はしていない。ユリゲラーはテルアビブ出身で、今もテルアビブに住んでいる。

テルアビブのランドバー・カフェ。

ランドバー・カフェ/Landwer Cafeの雰囲気

ボストンのランドバー・カフェ。

ボストンのランドバー・カフェにはイスラエルの気配がまるで無い。でもテルアビブのランドバー・カフェにもイスラエルの気配はまるで無かったので、イスラエルみの無さでジャッジするならばボストンお店舗は完全に現地(イスラエル)仕様だと言える。

というかそもそもランドバー・カフェは、ドイツ人のランドバーさんがドイツのベルリンで開業したカフェなので、イスラエルの気配なんて無いのが当然なのかもしれない。でもボストンの店舗はドイツのカフェという雰囲気でもない(テルアビブの店舗からはまだドイツみが感じられた)。

はっきり言って、ボストンのランドバー・カフェは、アメリカのおしゃれなカフェ。ここで調子に乗ってヘブライ語(イスラエルの公用語)やドイツ語でご挨拶しようものなら、米語(=アメリカ英語)やスペイン語が返ってきそうな感じがある。完ッ全にアメリカだ。ボストンのランドバー・カフェは、アメリカのカフェ。

コンセントがあって嬉しい。

ランドバー・カフェ/Landwer Cafeのメニュー

ドリンクメニュー。

アルコールメニュー。

フードメニュー。

イスラエルのそぶりを一切見せないボストンのランドバー・カフェだけど、奴は活字に現れてた。ドリンクメニューにしれっとイスラエル名物のヤルデンワイン。フードメニューはイスラエルのカフェそのもの。ただ者じゃなさそうな朝食メニューや、イスラエルでは超定番のシャクシュカ。もう絶対にイスラエル。

とはいえアメリカ人がメニューを読んだら「中東料理? 地中海料理?」と感じるかもしれない。否、絶対にイスラエル。ランドバー・カフェは真っ当にランドバー・カフェしてる。

ヤルデンワイン。12ドル/1320円。

イスラエリ・ブレックファスト

19ドル/2090円。

イスラエリ・ブレックファストと私が呼ぶこの料理、お店のメニューには「ランドバーの名物朝食/Landwer’s Famous Breakfast」と記載されていた。でもこれは確実にイスラエリ・ブレックファスト。

「イスラエリ・ブレックファスト/Israeli Breakfast」は、その名の通り「イスラエルの朝食」という意味で、料理名として認識されている。イスラエリ・ブレックファストをさらに易しく説明すると「イスラエルの朝食プレート」となると思う。

惣菜。

イスラエリ・ブレックファストを構成するお惣菜は、パン、卵、乳製品(ヨーグルト、チーズなど)、サラダ、魚が一般的。肉を含まないのが特徴。それぞれの構成要素が何の料理になるかはお店のセンスに委ねられている。

ボストンのランドバー・カフェの組み合わせは、オムレツ、イスラエリサラダ(角切りサラダ)、ハラーブレッド(イスラエルの定番パン)、ラブネ(ギリシャヨーグルト)、ガカモレ(アボカドのディップ)、アーティチョークのピクルス、ズッキーニのザジキ和え(ザジキはギリシャのヨーグルトディップ)、ハルバ(ねりごまのおやつ)、オリーブのピクルス、ハチミツ。

もうそのまんま、テルアビブのカフェで提供されそうな内容だった。

オムレツとイスラエリサラダ。

ハラーブレッド。

ラブネ。上にはトマトがのっている。

ガカモレ。アボカドのディップ。

アーティチョークのピクルス。

ズッキーニのザジキ和え。ゆかりのような粉は「スマック」という中東のスパイス。

ハルバとオリーブとハチミツ。

完全にイスラエルのイスラエリ・ブレックファストと言う感じだけど、アメリカ補正はかかっていたと感じる。なぜなら魚が無かったから。

イスラエルのイスラエリ・ブレックファストには、サーモンとか東欧のニシンのピクルスが含まれる。観光客が多いおしゃれカフェのイスラエリ・ブレックファストだとツナマヨが魚を担当していたり。でもボストンのランドバー・カフェのイスラエリブレックファストには魚がいなかった。アメリカ人の朝食のセンスに合わせているのかなと感じる。

朝食のNGについてピンポイントで魚に嫌悪感を抱くアメリカ人に会ったのは一度だけではない(とはいえ朝にサーモンのベーグルを大満足で平らげる人もいたけれど)。一応、アメリカのホテルの朝食ビュッフェを見ると、なんとなく魚は無いのが普通という気配が漂う(わざわざ含む必要がないといった感じかもしれない)。とにかく、アメリカでは「朝に魚」という発想が当然ではなさそう(地域にもよりまくるだろうけど)。

典型的な、アメリカのホテルの朝食(ビュッフェ)。

で、ボストンのランドバー・カフェのイスラエリ・ブレックファストには、魚を省いた気配があった。あと、細かいことを言うと、イスラエリサラダにレッドオニオンが含まれていなかった。イスラエルのイスラエリサラダは、トマト、キュウリ、レッドオニオンの組み合わせが一般的だ。

ガカモレ(メキシコのアボカドのディップだけどアメリカ料理といっていいほどアメリカでも一般的)にも言及したい。一見アメリカ補正に見えたけれど、これはイスラエルでもポピュラーなのでイスラエルだと思う。だからべつにボストンのランドバー・カフェのイスラエリ・ブレックファストはテクスメクス(メキシコ系アメリカ料理)を表現している訳ではないと思う。イスラエルはアボカドを日常的に食うタイプの国だ。ガカモレを知らないイスラエル人の友達がガカモレを作ってくれたことがあって(本人はアボカドと言ってたw)、イスラエルのアボカドに関しては個人的にはそういう感想だ。

ボストンのランドバー・カフェのイスラエリ・ブレックファストの味はと言うと、全てとても美味しかった。料理のクオリティが高い。翌日の朝も食べたくてお持ち帰りしたのだけど、ガカモレがすぐ茶色くなったので新鮮さを信頼するに至った。

フムスとファラフェルとピタパン

これら全てで15ドル/1650円。左はフムスとファラフェル。右はピタパン。

もうどうあがいたって誤魔化せないほど筋金入りのイスラエル料理が届いた。フムスはひよこ豆のディップ、ファラフェルはひよこ豆のコロッケ、ピタパンはというと、イスラエルでこれを見ずに生活するのは困難なほど普及しているパンだ。

フムスもファラフェルもピタパンも、イスラエルならイケアの売店で売られてる。というか、フムスを頼めば自動的にピタパンがついてくるし、ファラフェルはピタパンに挟まれてファラフェルサンドとして登場する。

ようするにこうやって食べる。イスラエリサラダとフムスを忍ばせて。

フムスはクリーミーで、イスラエルのフムスらしくて美味しい。レモンやニンニクがオラついていない。ファラフェルは食材の爆弾と言う感じで美味しい。しっとりしている。ピタパンはそのへんの硬いやつとかじゃない。

「美味しいフムス」「美味しいファラフェル」という領域を超えていてとても美味しい。これは何と言うか、アメリカのこじゃれたカフェで、王将の餃子と天下一品のこってりラーメンのような絶品たちが出てきた! みたいな衝撃がある。

イスラエル定食!

イスラエル料理専門店

ランドバーカフェではフムスを毎日作っているらしく、えらいもんで、作り置きとか既製品をポイッと出された気はしなかった。これでイスラエル料理専門店と名乗ってないのがすごい。

フムスをはじめとするお惣菜は、お持ち帰り用のものが店内で売っている。お持ち帰り用フムスは5ドル。わざわざ買い求めたいレベルだ。アメリカのスーパーやセブンイレブンで売ってるフムスとは違う食べ物だと思う(既製品はちょっとねっとりしていてすっぱい)。イスラエルはそのまま東へ突き抜けて、ランドバー・カフェで東京とかに侵攻してほしい。

お惣菜やドリンク。

フムスとタヒーニ(ごまソース)。

ラブネなど。

パーティーサイズのお惣菜盛り合わせ。

ごちそうさまだ。(引きで見たランドバー・カフェ)

御ま品と書め

ランドバー・カフェ/Landwer Cafe
ヤルデンワイン/Yarden/1320円(12 USD)
イスラエリ・ブレックファスト/Landwer’s Famous Breakfast/2090円(19 USD)
フムスとファラフェルとピタパン/Hummus Bowls: Falafel/1650円(15 USD)

ランドバー・カフェのHP

ランドバー・カフェ@ボストンの住所:900 Beacon St, Boston, MA 02215, United States

関連記事

イスラエル料理の記事一覧
イスラエル料理店の一覧 in日本・アメリカ
イスラエルの基本が学べる15記事

ボストンの記事一覧

食レポの記事一覧

LINEで送る
Pocket

About がぅちゃん 308 Articles
この記事を書いたのも、あの記事を書いたのも、がぅちゃんです。かんたんなプロフィールはこちらです。