エースホテル京都でランチできるレストラン「ピオピコ」に行ってみた

LINEで送る
Pocket

いつもはへんな食レポを書いています、ライターのがぅちゃんです。

京都の「新風館」にて日本初上陸した「エースホテル京都」の概要を説明しつつ、宿泊者以外も利用できるアルタカリフォルニア料理のレストラン「ピオピコ/Piopiko」を紹介します(メニュー、値段、料理etc)。

ピオピコの雰囲気。

もくじ

「エースホテル京都」とは
・エースホテル京都のレストランは3つ

エースホテル京都のレストラン「ピオピコ」
・ピオピコの雰囲気
・ピオピコのメニュー

ピオピコの正体

「エースホテル京都」とは

エースホテル京都のロビー。

「エースホテル京都/Ace Hotel Kyoto」は、京都の歴史的な商業施設「新風館/しんぷうかん*」の敷地内にあるホテル。アメリカのホテルブランド「エースホテル」としては日本初進出。客室は全213室(スイート3室)。

エースホテルはアメリカ西海岸・シアトル発祥のホテルブランドで、世界11ヵ所にロケーションがある(オープン予定含む/2021年4月時点)。「旅人やクリエイターが旅の目的にしたいホテル」がコンセプト。

ロビーは24時間あいている。奥にカフェ「スタンプタウン・コーヒー・ロースターズ」がある。

*「新風館」の雰囲気。

「新風館/ShinPuhKan」は京都のランドマークのひとつ。建物自体は1926年に建築された。その後、「旧京都中央電話局」として京都市指定・登録文化財一号に指定され、2020年に、建築家の隈研吾によるデザインでリニューアルオープンした。

エースホテル京都のインテリアデザインは、ロサンゼルスやシカゴのエースホテルを手がけた「Commune Design」が担当。伝統工芸を通し、西洋と東洋の文化の交流が感じられる空間となっている。日米のインテリアデザインが融合した空間。

エースホテル京都のトイレ。なかなかシブい。

エースホテル京都のレストラン

飲食店は3つ(2021年4月時点)。アメリカンイタリアンの「ミスター・モーリスズ・イタリアン/Mr. Maurice’s Italian」。アメリカのコーヒーショップチェーンの「スタンプタウン・コーヒー/Stumptown Coffee Roasters」。アメリカンメキシカンの「ピオピコ/Piopiko」。どれもアメリカ最先端のバイブスが感じられるお店。

エースホテル京都にあるレストラン「ピオピコ」

ピオピコの雰囲気。

そんなエースホテル京都の2階&中二階にあるのが、ピオピコ。アメリカンメキシカン料理のお店だから、アメリカ料理でもあり、メキシコ料理でもある。厳密に言えば「アルタカリフォルニア料理/Alta-California Cuisine」だ。メキシコの影響を強く受けてたアメリカ西海岸一帯の「メキシコ系アメリカ料理」をレペゼンしている。

ピオピコのフュージョンなタコス。

エースホテル京都はごりごりの西海岸出身。なので同郷の食文化をレペゼンしているピオピコこそ、エースホテル京都にふさわしいメシかもしれない。ここでタコスを食うと、ウッキウキなLAの都会とかに脳内移動できる(た)。現地(京都近辺)の食材を使用したりしてて、大阪のタコス居酒屋「タコフィニ」を思い出した。

タコフィニのいけてる看板。

ピオピコの料理を超簡潔にまとめると「メキシコの定番料理(タコスとか)のフォーマットで展開する超フュージョン料理」といえる。

ピオピコの雰囲気

2階のダイニングエリア。

対岸のバーカウンター。これでもかと展開する銅。あじわいぶかい。

「大人のひみつきち感」がつよい。バッキバキにエレガントで、鉄や植物がせめぎあっている。幽遊白書の蔵馬(くらま)が手なずけてそうな植物が並んでて、ジャングル感がある。生命力つよめのバイブス。いかにもメキシカンフードを提供してそうな雰囲気だ。ここで湯豆腐とか出てきたら笑える。

中二階のダイニングエリア。

光を反射するテーブルが、いろんな表情を見せてくる。

銅のブース。銅製品は、富山の鋳物メーカー「能作」が手がけてる。

引きで見るとこんな感じ。

見上げるとこんな感じ。

となりには、銅のDJブースもある。

さすがはホテルですなという感じ。いそいそピリピリしてない。ゆったりくつろげる。店員さんはナチュラルで知的でフレンドリー。素敵。DJブースなんか見ると、週末に来たくなっちゃうわな。大阪で初進出したイケイケのホテル「W Osaka」のカフェラウンジとは、またぜんぜん違う世界観だった。

W Osakaのカフェラウンジ「LIVING ROOM」。

ピオピコのランチメニュー

表。

裏。

特製カクテルのメニュー。

テキーラメニュー。

内容は「アップスケールなアメリカのメキシコ料理屋」という感じ。「スナック」「タコス」「タコボウル」「デザート」の4種類。ドリンクは特製カクテルやテキーラが充実している。火曜日は「タコスの日」ということで、ちょっとラッキー。「タコス3種盛り合わせ+ドリンク/2400円」で、手を打った。

タコスの日(Taco Tuesday)のメニュー。

パイナップルジュース。(紙製のストローがアメリカっぽい)

タコス3種盛り合わせ

チキン、ホッケ、サツマイモ。

そもそもタコスとは、トウモロコシの生地「トルティーヤ」で具を包んだ料理。日本でいう寿司とかオニギリみたいな扱い。具には定番が存在して、個人的には、超王道な「豚肉煮込み/カルニタス」と「白身魚のフライ/ペスカド」が好みだ。これら2つは、オニギリの「こんぶ」と「おかか」くらい定番だと思う。

ペスカドの例。@イスラエルのメキシコ料理屋

ピオピコのタコスは「ホッケのタコス」「チキンのタコス」「サツマイモのタコス」。日本の食材を使ってはいるものの、センスが完全にアメリカ。日本の食材で、メキシカンアメリカンしてはった。タコスで居酒屋する「タコフィニ」とは、似てるようで対極だった。

チキンのタコス。ワカモレ(アボカドのソース)が、やけにリッチ。

ホッケのタコス。サルサでカラっと。

サツマイモのタコス。カシューナッツのサルサと、九条ネギのロースト。

隈研吾が仕掛けたライトが見事に反射して、タコスの惑星みたいになってた。

トレスレチェ

800円。エイリアン感がある。

別途オーダーした。「トレスレチェ/Tres Leches」は、南アメリカでは有名なデザート。アメリカやメキシコでも人気だ。直訳すると「3つのミルク」。無糖練乳や練乳やクリームに浸けた、カステラみたいなスイーツ。ミルク版「ティラミス」といった感じだ。コーヒー抜きでティラミス食べたい派なので、好きすぎた。

じわりと湿った、スポンジケーキ。

Pío Picoの正体

窓にデザインされた「ピオピコ/Pío Pico」の文字。

ピオピコって名前、かわいいな。…と、なんとなく思ってた。調べてみたら、政治家の名前だった。このお店がレペゼンしてるアルタカリフォルニア(現・カリフォルニア州)の、最後の統治者の名前だそうだ。この感じを日本で例えるならば、ロサンゼルスで「江戸料理・Yoshinobu(=徳川慶喜)」…みたいな感じか。

Pío Pico氏。Image:CC0

つまり飲食店としてのピオピコの正体は、「カリフォルニア料理」ということになりそうだ。ダークホースなのに真打ちな、がちアメリカ料理のお店だった。

ピオピコの住所:京都市中京区車屋町245-2 エースホテル京都2階

エースホテル京都のレストランを全4件まとめて紹介

出演-おしながき-

ピオピコ/Piopiko
タコチューズデー・セット(タコス3種盛り合わせ+ジュース)/Taco Tuesday/2400円
トレスレチェ/Tres Leches/800円

まとめ

ランチ:11時半〜17時半
ディナー:17時半〜21時

詳細はHPにて

食レポ記事一覧はこちら
京都の記事一覧はこちら

LINEで送る
Pocket

About がぅちゃん 200 Articles
この記事を書いたのも、あの記事を書いたのも、がぅちゃんです。活動歴はプロフィールをどうぞ。