「W Osaka」内でアフタヌーンティーできる「LIVING ROOM」に行ってみた

LINEで送る
Pocket

いつもはへんな食レポを書いています、ライターのがぅちゃんです。

大阪・御堂筋にて日本初進出したホテル「W Osaka」の概要を説明しつつ、宿泊者以外も飲食できるカフェラウンジ「LIVING ROOM/リビングルーム」を紹介します(料金、メニュー、入店方法/アクセス、注意事項etc)。

もくじ

「W Osaka」とは
・飲食店は6つ

W Osakaのカフェラウンジ「LIVING ROOM」
・アクセス&入店方法
・店内の雰囲気
・LIVING ROOMのメニュー
・LIVING ROOMを利用する際の注意

「W Osaka」とは

W Osakaのエントランス。

「W Osaka」は、2021年3月16日に大阪の御堂筋にオープンしたホテル。アメリカの「マリオット・インターナショナル」が展開するホテルブランドの「Wホテル」として、日本初進出(世界では58番目のWホテル)。

W Osakaのデザインをてがけたのは、建築家の安藤忠雄氏。インテリアは、オランダの建築会社「コンクリート社」によるもの。「大人の遊び場」がコンセプトらしい。建物の外観はミニマルだが内装はフューチャリスティック(未来的)。

カフェラウンジ「LIVING ROOM」。

客室は計337室で、6階~27階にある。「エクストリームWOWスイート」1室、「WOWスイート」2室、「Jスイートルーム」12室、「スイートルーム」35室、「スタンダードルーム」287室。一泊45000〜100万円、といった価格帯。

飲食店は6つ

W Osakaの中に、飲食店は6つある。メインダイニングの「Oh.lala…」、鉄板焼きの「MYDO/まいど」、日本料理の「Sushi UKIYO​/鮨 うき世」、カフェの「MIXup」、ラウンジの「LIVING ROOM​」、大阪唯一のプールバー「WET BAR」。

W Osakaのカフェラウンジ「LIVING ROOM」

LIVING ROOMの雰囲気。

W Osakaの3階のロビーにあるラウンジが「LIVING ROOM/リビングルーム」。カフェやバーのような使い方ができ、宿泊者以外も利用可能。料理も提供されていて、サイトでは「フュージョン料理」ということになっている。

アクセス&入店方法

W Osakaのエントランス。

「御堂筋(みどうすじ)通り」じゃないほうの通りから、まずはホテルに入場する。エントランスで、スタッフに「LIVING ROOMいけますか?」と聞くと、「席が空きしだい入れる」と言われたので、5分ほど待った。プールバーの「WET BAR」のほうは、予約がないと入れないらしい。飛び込み不可だったのが悔しい(プールだけに)。

エントランスの雰囲気。ここで座って待てる。

いってらっしゃいませッと、エレベーターで見送ってくれたスタッフ。

店内の雰囲気

LIVING ROOMのバーカウンター。

フューチャリスティック、異空間、かろうじて日本、ちょっとシティポップ? まず感じたのは、そんなところだ。「この建物はいま、宇宙にむかって進んでおります。」なんてアナウンスがかかったものなら、信じれる。白と銀でデフォルメされた提灯(ちょうちん)型ライト、ネオンのアイコン、原色のモコモコ家具。

こんなに提灯だらけなのに、居酒屋っぽくない。(ポップコーン!)

大きめの提灯型ライト。(雷門かッ)

ネオンとカラフルなソファ。

ソファから見上げたネオン。

別角度から見るとこんな感じ。

店内には、アンビエントで無国籍な音楽がかかってる。ビートはバフバフ&ズチズチ、メロディはホワホワ&トゥルトゥル。DJブースにて、こじゃれたミュージシャンらしき人たちがつるんでる。音にのってるスタッフもいる。ネットフリックスの「FOLLOWERS」を彷彿とさせる雰囲気があった。

DJブース。

仕事中という感じ。

空間のバイブスは概ねこんなかんじ。

店員さんのバイブスは、ちょっと浮世離れした感じ。むかし住んでたイスラエルのナチュラルなやつとはまた違う、ハイパーメイクアップフレンドリー。「ゆるゆるやなw」と思わせるようなシグナルを、知性で伝達してくる感じ。さすがは「大人の遊び場」。小洒落てウワついた感じを、全身全霊で体現してる。上品に。

中央の、お立ち台のような席。

テーブルに置かれたカード。「ボトルあけよッ!!」とある。

パチンコ玉のような半個室。(ガンツ大阪編のぬらりひょんを思い出す)

LIVING ROOMのメニュー

メニューの本。

LIVING ROOMはカフェラウンジだからメニューは軽めかな? と思ってた。でも思いのほか分厚い本がテーブルに届いて、バイブスがアガった。ホログラフィックな表紙も◎ ドリンクの種類がしおりで分類されてて、読みやすい。フードアイテムは、「チーズ盛り合わせ」「カレー」「ハンバーガー」などあった(フムスもあった!!)。

お茶のページ。

フードのページ。

カクテル「MIXOLOGY」のページ。

つきだしのポップコーン。

ジントニック

「Living Room “G&T”」。

「リビングルーム”G&T”」と記載されたアイテム。「ヘンドリックス」「ラベンダー」「キュウリ」「メディタレーニアントニックウォーター」が含まれる。添えられたローズマリーのアロマがセクシー。2280円と高いが、量も多い。ジンが濃くないので、ジュースのような感覚でゴクゴク飲んでしまいそう。

こういう匂いのキャンドルほしい。甘美で酔えるスープ。

紅茶

紅茶に反射するネオンの光が、美しい。

「W Osaka Original Blend」と、メニューに記載されている。球体のティーポットとともにサーブされる。ティーポットは家庭用の小型コーヒーメーカーくらいのサイズ。触るとき緊張する。でもちゃんと、店員さんが使い方を教えてくれる。紅茶にはバニラが含まれていた(はず)。スッキリふくよかな味わい。

ティーポット。

LIVING ROOMを利用する際の注意

注意というほどではないが、ドレスコードは「スマートカジュアル」。サンダル&短パンでの入場はむずい気がする(でもそういうイレギュラーにもポップに対応してくれそうな雰囲気はある)。カバーチャージは一人1500円(ゲイバーより安い!!)。「建築とインテリアの美術館withDJの生演奏」と視れば、激安かもしれない。

同じフロアにあるコンシェルジュ。

どこまでもエキセントリックなアイテムがならぶ、売店。

トイレがセーラームーンみたいでかわいいW

カフェの記事いちらん

W Osakaの住所:大阪市中央区南船場4丁目1-3

出演-おしながき-

リビングルーム/LIVING ROOM
入場料/Cover Charge/1500円
ジントニック/Living Room “G&T”/2280円
紅茶/W Osaka Original Blend/1270円

まとめ

営業時間:11時半〜0時(ラストオーダー23時半) 
アフタヌーンティー:14時~17時
ドレスコード:スマートカジュアル
※金・土・祝前日の営業時間は1時間延長。

詳細はHPにて

関連記事


大阪のお店の記事一覧
エースホテル京都のレストランを全4件まとめて紹介
大阪のルイヴィトンのカフェ「LE CAFE V」
大阪の記事いちらん

LINEで送る
Pocket

About がぅちゃん 243 Articles
この記事を書いたのも、あの記事を書いたのも、がぅちゃんです。かんたんなプロフィールはこちらです。