無名店の食レポ#8 アメリカのバトラーズパントリー

LINEで送る
Pocket

無名なのは貴様だ。というのをまずは差し置き、日本で無名の飲食店についてレポートする。知られざる名店です(か?)

前回のお店→【#7 アメリカのザコモンマンロードサイド】

バトラーズパントリーとは

バトラーズパントリーの外観。

「バトラーズパントリー」=「執事の食器室」。

「バトラーズパントリー/Butler’s Pantry」は、朝食専門店。アメリカの朝食の定番料理を提供している。朝8時〜正午までしか営業していない。アメリカ北東部のバーモント州の「ストウ/Stowe」という町で一番人気の飲食店だ。

ストウの街並み。

ストウはバーモント州では有名な観光地で、映画「サウンド・オブ・ミュージック」のモデルとなったオーストリア出身のトラップ家が定住した場所。「知らないけど知ってる」な、典型的地域だと思う。雰囲気は軽井沢か(行ったことはない)。

サウンド・オブ・ミュージックといえば、ドレミの歌。

バトラーズパントリーの雰囲気

店内の雰囲気。

そもそもストウは、アメリカの山系の風情を存分に楽しめる地域だ。アメリカ人が「アメリカやな〜」と唸るような雰囲気がある。そんなストウで一番人気の朝食専門店がストウ。日本人(私)が京都の町屋カフェとかで感じる感じに似てなくない。

店員さんは、幸せで自信があるような態度に見えた。名店の店員さんという感じで頼もしい。精神がぼったくられる不安が払拭される。安心感がすごい。メニューを完璧に把握していて、確信を持って名物をおすすめしていた。

バトラーズパントリーのメニュー

フードメニュー。

ドリンクメニュー。

プリント一枚に、文字だけでまとめられている。余計なものが無くて、アメリカの朝食メニューの少数精鋭のみ在籍、という感じ。日本料理でいうところの、TKG、納豆定食、のような。でも見たことない卵とか納豆とかを採用してそうな気配。

パントリーブレックファスト

1639円/14.90ドル。

「朝食盛り合わせ」と言ってよい。パン、スクランブルエッグ、ホームフライ、ソーセージ。この構成はアメリカの朝食として、ぐぅの音もでないほど正統な布陣に見える(すくなくともバーモント州を含むニューイングランド地方では)。

パン(ビスケット)。

スクランブルエッグ。

ホームフライ。

ソーセージ。

ちなみにパンは塩味のビスケットで、ソーセージは小さいハンバーグのこと。マクドナルドの「ソーセージエッグマフィン」の「ソーセージ」と同じ概念だ。シャウエッセンとは別の食べ物。

他にも、チェダーハラペーニョパンケーキ。1595円/14.50ドル。

ビスケット&グレイビー。1540円/14ドル。

エッグベネディクト

1705円/15.50ドル。

店員さんが長州力だとして、「飛ぶぞ」など言ってきたのが、メープルシロップ風味のソーセージを含む、エッグベネディクト。さっきの自家製ビスケットに、トマト、ポーチドエッグ、ソーセージ、オランデーズソースがかかってる。

もはやハンバーガーな態度。

完璧な味がした。塩分、甘味、酸味、苦味、辛味、脂肪、旨味、ぜんぶあった。それぞれのパーツが風味を完全に分担していて、まるごと食べた時の完全無欠感が変態だなと感じた。東京都北区のソウルフード「からし焼き」に匹敵する美味しさだった。

日本のさんま

〽︎Hold On I’m Comin/Sam and Dave

入店した時、店内で「Hold On I’m Comin*」が流れてた。これ以上ないアメリカンな雰囲気なのに、まずは迂闊にも明石家さんまを思い出してしまった。文化って怖い。すぐにコーヒーの匂いが脳味噌をバーモント州に連れ戻してくれたけども。

*Hold On I’m Cominは、明石家さんまが司会を務めた番組「恋のから騒ぎ」のエンディング曲。

御ま品と書め

バトラーズパントリー/Butler’s Pantry
パントリーブレックファスト/Pantry Breakfast/1639円(14.90 USD)
チェダーハラペーニョパンケーキ/Cheddar Jalapeno Pancakes/1595円(14.50 USD)
ビスケット&グレイビー/Biscuits and Gravy/1540円(14 USD)
エッグベネディクト/Eggs Benedict/1705円(15.50 USD)

バトラーズパントリーのHP

バトラーズパントリーの住所:128 Main St A, Stowe, VT 05672

関連記事

朝食の記事一覧
アメリカ料理の記事一覧

はしごYES?【#9 アメリカのビクトリアズダイナー】へ

LINEで送る
Pocket

About がぅちゃん 309 Articles
この記事を書いたのも、あの記事を書いたのも、がぅちゃんです。かんたんなプロフィールはこちらです。