ハワイ旅行記#2 ダニエル・K・イノウエ国際空港からホテルへ

LINEで送る
Pocket

ハワイで一人旅した時の記録です。【ハワイ旅行記#2】では、ホノルルの「ダニエル・K・イノウエ国際空港」に到着してからスマホでホテルを決め、ウーバーに乗って向かいます。(ハワイの基本解説はこちら

エピソード一覧↓

ハワイ旅行記#1 アメリカのボストンからホノルルへ
ハワイ旅行記#2 ダニエル・K・イノウエ国際空港からホテルへ
ハワイ旅行記#3 ホノルルのワイキキで晩飯くって散歩
ハワイ旅行記#4 朝のワイキキビーチを散歩して空港へ

補足:ダニエル・K・イノウエ国際空港について

ダニエル・K・イノウエ氏。Image:CC0

「ダニエル・K・イノウエ国際空港/Daniel K. Inouye International Airport/HNL空港」は、ホノルルにある国際空港のこと。ハワイ州(=ハワイ)のメイン空港として機能している。日本との直行便もたくさん行き来しているので、ハワイを旅行する人にとっては超有名だと思う。

空港の名前の由来となった「ダニエル・ケン・イノウエ/Daniel Ken Inouye/井上健」は、日系二世のアメリカ人の政治家。「日系/Nikkei」は日系アメリカ人の間では普通に通じる言葉だ。アメリカのバンド「リンキン・パーク」のマイク・シノダも日系。

マイク・シノダ(Fort Minor名義)の曲「Kenji」は、日系人収容所(マンザナー強制収容所)に収容された父の実話をベースにした作品。

ハワイの人口の約15%は日系と言われていて、ハワイで2番目に多い民族とされる。ハワイにおける日本の影響は、空港の名前からして明らかといった状態。ちなみに私はアメリカのマサチューセッツ州のボストンからハワイに国内旅行しているわけだけど、違う国くらい、環境が違う。

同じ月のボストン。

滞在するホテルを空港で決める

ダニエル・K・イノウエ国際空港を出てすぐの景色。ここで決めた。

何の準備もせずにホノルルにやってきたので、ダニエル・K・イノウエ国際空港に到着してから、スマホでホテルの検索を始めた。べつに調子に乗っていたわけではなく、国内旅行だし、ボストンで使ってたアメリカの携帯は使えるし、あまり余計な心配をしていなかっただけだ。

とはいえホノルル(というかハワイ州)に来たのはこれが初めてだったので、土地勘が無さすぎて、どこから攻めていいかすこし迷った。まずはダウンタウンはどこなのかをグーグルマップで特定し(downtownで検索したw)、そこを中心と見据えホテルを調べ始めた。

3つほど予算内の物件が出てきた。どこもだいたい1泊150ドル/16500円〜。アメリカの都会のホテルなら普通の価格帯だと思う。一泊旅行なので、安宿でフォーカスを消耗したくない。3つのうち、一番安い140ドル/15400円のホテルを選んだ。

お会計のページで170ドル/18700円になって少し焦り、さらに返金不可とあったので、逆にあえて落ち着いてみた。予約せずに直接いこう、という判断を下す。リスクより手間を取ったことで安心感が漲(みなぎ)った。

ウーバーでホテルへ

ウーバー乗り場。

ウーバーはボストンで使っていたアプリがそのまま使えた(国内旅行の恩恵を全力で受けている)。「ウーバーにどこで拾ってもらうか問題」が私にいつも発生するのだけど、空港には指定された乗り場があったので、アプリ任せで無問題だった。

ウーバーがやってくる。

ウーバーを使う時は「Hi 〇〇, how’s it going?」と運転手の名前を呼んで話しかけることにしている。特に意味はない。「ナメられてはいけない」というアメリカにおける私の勝手な防御本能が働いてる気がしなくもない。

私の意図が何であれ、ドライバーに話しかけても良い思いしかしたことないので、止める必要もない。今回のドライバーは無口な人だったけど、変な人ではなさそう。移民のようだけど、どこ出身とかいう話をベラベラしてくれる人ではなかった。

車内は、招き猫などあってかわいい。

道中の景色。

ホテルに到着。マンションみたいな雰囲気。

空港からホテルまで、20分で26ドル/2860円だった。時間厳守で適正価格だ(というか聞いてたより安い)。

ホテルにチェックイン

ホテルのエントランス。奥にチェックインカウンターがある。

空き部屋があることはググって知っていたので、チェックインカウンターで1泊を注文する。ここにきて初めて、ホノルル内で、QRコードを求められた。「隔離回避はチェックマーク2つ確認」というマニュアルがあるように見えた。

QRコードとは「ハワイ州セーフトラベルズプログラム/Safe Travels Program」に登録したことを証明するコード。外からハワイ州に来る人は必ず登録しなければならない。隔離回避もこれで一括証明する。

QRコード(チェックマーク2つ)の例。

細かい意味はともかく、といった様子で、スタッフはQRコードのチェックマーク2つだけ求めてきた。私は何も考えずQRコードを見せつけ、あっちは慣れた様子で処理しつつ「日本行きたかったわ〜」など言ってくれつつ、すんなりチェックインした。

寝室。

窓からヤシの木が見える。

ヤシの木を上から覗いたのは初めてかもしれない。

「ラナイ/Lanai」はハワイの言葉で「ベランダ」を意味するらしい。

関連記事

ハワイ州の記事一覧
ハワイ料理の記事一覧
ボストンの記事一覧
アメリカの記事一覧

次のエピソード:ハワイ旅行記#3 ホノルルのワイキキで晩飯くって散歩

LINEで送る
Pocket

About がぅちゃん 308 Articles
この記事を書いたのも、あの記事を書いたのも、がぅちゃんです。かんたんなプロフィールはこちらです。