い訳エッセイ#2 Tracy Chapman – Fast Car

LINEで送る
Pocket

「い訳エッセイ」は、ライターのがぅちゃんが洋楽の歌詞を和訳して、エッセイのように仕上げたものです。翻訳は、楽曲の世界観の解釈におもきを置いています。ぜったいにぜったいに、曲をききながら読んでね。



前回の曲「#1/Sade – The Moon And The Sky」はこちら。「い訳エッセイ」の一覧はこちら

今回の曲

Tracy Chapman – Fast Car

「トレイシー・チャップマン/Tracy Chapman」は、アメリカ人のシンガーソングライター。大学で学んだ人類学(Anthropology)とアフリカ学(African Studies)が作品に影響している、などと説明されることも多い。

い訳

Fast Carのイメージ画像。Image:CC0

You got a fast car.

速い車を手に入れた。

I want a ticket to anywhere.

どっかに行くための何かが欲しい。

Maybe we make a deal.

なんか工夫すればいい。

Maybe together, we can get somewhere.

一緒なら、どっかには行けるだろう。

Anyplace is better.

どこに行っても今よりまし。

Starting from zero. Got nothing to lose.

ゼロからのスタートだし、失うものは無い。

Maybe we’ll make something.

なんか作ったりとか。

But me myself, I got nothing to prove.

私に証明できるものなんて、何もないけど。

You got a fast car.

速い車ならある。

And I got a plan to get us out of here.

ここから抜け出す準備はできてる。

I been working at the convenience store.

コンビニで働いてたから。

Managed to save just a little bit of money.

ちょっとくらいなら貯金できたし。

We won’t have to drive too far.

すごい遠くへ行く必要はない。

Just across the border and into the city.

県だけは越えて、街中へ。

You and I can both get jobs.

二人とも仕事をもってさ、

And finally see what it means to be living.

そしたら生きるってことを理解できるはず。

You see my old man’s got a problem.

おっさん、またトラブってる。

He live with the bottle that’s the way it is.

酒が命で結局こうなる。

He says his body’s too old for working.

体がいうことを聞かん、だから働けんって。

I say his body’s too young to look like his.

そうなるには若すぎるって、私は言う。

My mama went off and left him.

お母さんは出ていった。

She wanted more from life than he could give.

父が与えるよりは多くを、人生に求めて。

I said somebody’s got to take care of him.

誰かが世話しないと、って私は言った。

So I quit school and that’s what I did.

だから学校をやめた。私は、そうした。

You got a fast car.

速い車だけある。

But is it fast enough so we can fly away?

どっか飛んでけるくらい速いかな。

We gotta make a decision.

決断が迫られてる。

We leave tonight or live and die this way.

今夜、ここを去るか。このまま、死んでいくか。

See I remember we were driving, driving in your car.

ドライブしてた時ことを思い出す。あなたの車で。

The speed so fast I felt like I was drunk.

早すぎて酔ってるみたいだった。

City lights lay out before us.

前に街の明かりが見えて、

And your arm felt nice wrapped around my shoulder.

肩にのっかるあなたの腕が気持ちよかった。

And I had a feeling that I belonged.

私、居場所があるって感じがした。

I had a feeling I could be someone, be someone, be someone.

私、そんな感じがした。特別なんだ、意味があるんだって。あなたにとって。

You got a fast car.

お父さんの速い車。

We go cruising entertain ourselves.

ふたりで車でブラブラしたり。

You still ain’t got a job.

でも仕事は、まだない。

And I work in the market as a checkout girl.

私はスーパーのレジで働くけど。

I know things will get better.

良くなっていくとは思ってる。

You’ll find work and I’ll get promoted.

あなたは仕事を見つけて、私は出世する。

We’ll move out of the shelter

二人で施設から抜け出す。

Buy a bigger house and live in the suburbs

おっきい家を買って、郊外に住もっか。

See I remember we were driving, driving in your car.

ドライブしてた時ことを思い出す。あなたの車で。

The speed so fast I felt like I was drunk.

早すぎて酔ってるみたいだった。

City lights lay out before us.

前に街の明かりが見えて、

And your arm felt nice wrapped around my shoulder.

肩にのっかるあなたの腕が気持ちよかった。

And I had a feeling that I belonged.

私、居場所があるって感じがした。

I had a feeling I could be someone, be someone, be someone.

私、そんな感じがした。特別なんだ、意味があるんだって。あなたにとって。

You got a fast car.

速い車ならある。

And I got a job that pays all our bills.

私は仕事を見つけた。生活費もろもろ払えるやつ。

You stay out drinking late at the bar.

おっさんは外で飲んでる。遅くまで。

See more of your friends than you do of your kids

連れとばっかり会ってる。自分の子供とじゃなくて

I’d always hoped for better.

私はいつも、より良くなるよう願ってる

Thought maybe together you and me’d find it.

一緒なら多分どうにかなるかもって。

I got no plans I ain’t going nowhere.

とくに計画は無いし、どこにも行かない。

So take your fast car and keep on driving.

だったら速い車で、もうどっかいこう。

You got a fast car.

速い車しかない。

But is it fast enough so we can fly away?

どっか飛んでけるくらい速いかな。

You gotta make a decision

決めないといけない。

Leave tonight or live and die this way

ここを去るか、ここで死ぬか。

い訳の要約

自分にはどうしようもない状況ってある。どうしようもないってコトはないんだろうけども、実際、どうしようもない。うん、知ってる。私に革命的なことはできない。でもいちおう、妙に希望が無くもない。

自分のこの状況(家族)はデフォルトだし、もう、そういうものだって感じになってる。かなしいかな、いや、「かなしい」とか「うれしい」とかじゃない。ただ、でも、やっぱりそこに居場所を感じる。

良くも悪くも「酒」ソング。酒飲みの父。いわゆる毒親。酒にも父にも恨みはない。なんだったら皮肉ってる。唯一しあわせを感じた時に「酔ってるみたい」って痛々しくもはかない皮肉まがいの表現を使うほどには。(自虐の傾向あり)

まとめ

・あきらめてるけどあきらめてない歌。
・あくまでも「ここじゃないどこか系」の歌。
・どちらかといえば達観している。
・本人は飲んでないタイプの、酒の歌。
・本人は地に足ついた希望を歌っているけれど、救いがない歌。

似てる曲

「ここじゃないどこか系」という意味で。〽︎風といっしょに – 小林幸子

「前提に諦めがある」という意味で。〽︎Lord Don’t Move The Mountain – Mahalia Jackson

司る情景が似てる。でもたぶん使ってる脳味噌の量はぜんぜん違う。〽︎The River – Bruce Springsteen

酒を飲む側の、とんちんかん懺悔。(あくまでもFast Car耳線で聴いた場合)〽︎ 酒よ – 吉幾三

Fast Carのお父さんはこんな調子か。(そういう悲しさある)〽︎Dragostea Din Tei – O-Zone

次の曲「#3/Kanye West – Wash Us In The Blood」

LINEで送る
Pocket

がぅちゃん
About がぅちゃん 72 Articles
この記事を書いたのも、あの記事を書いたのも、がぅちゃんです。活動歴はプロフィールをどうぞ。