エルビス・プレスリーが好きすぎるイスラエルのハンバーガー屋「Elvis American Diner」

LINEで送る
Pocket

イスラエルのテルアビブに住んでいます、がぅちゃんです。

作業するエルビス・アメリカンダイナーの店員。

イスラエルのエルサレム地区で密かに話題の「エルビス・アメリカンダイナー/Elvis American Diner」。実際に行ってみると生半可じゃない凝り具合だったので、その詳細を紹介します。料理とエルビスの逸話集は5ページ目にあります。

エルビス・プレスリーについておさらい

エルビス・プレスリーは1954年〜1977年に活躍した、アメリカを代表する歌手です。フルネームは「エルビス・アーロン・プレスリー/Elvis Aron Presley」、ニックネームは「the King」。世界で最も売れたソロアーティストとして知られています。

CD・レコードの総売上は約6億枚と言われ、この数を達成したのは世界でエルビス・プレスリーとビートルズのみです。ちなみに「キング・オブ・ポップ」のマイケル・ジャクソンですら3.5億枚と言われています。

代表作「Can’t Help Falling In Love」を歌うエルビス・プレスリー

「エルビス・アメリカンダイナー」とは

「エルビス・プレスリー通り」と命名された通路に並ぶ、ディスプレイ。

「Elvis American Diner」を日本語で読むと「エルビス・アメリカンダイナー」。名前の通り、アメリカンダイナー形式のレストランです。

エルビス・アメリカンダイナーはエルサレム地区(※1)にありますが、エルサレムの中心部からは離れた場所にあります(西に約20km、車で20分の距離)。

近くには、イスラエルでフムスのメッカとして有名な、アラブ系イスラエル人の村「アブ・ゴーシュ(※2)」があり、一般的にはそちらの方が目立っている印象。

ちなみにダイナー(Diner)とはアメリカによくある飲食店の形式のことで、カジュアルなレストランを指します。日本でいう居酒屋のような感じでしょうか。ちなみにアメリカのデニーズ(詳細記事)もダイナーです。

※1 エルサレム地区について

イスラエルは大きく分けて6つの地区に分かれており(県のような感じ)、その一つがエルサレム地区です。エルビス・アメリカンダイナーは、観光地として有名な「旧市街」や「嘆きの壁」がある中心部からは離れています。

嘆きの壁はユダヤ教最大の聖地

※2 アブ・ゴーシュについて

ちょっと話がそれますが、アブ・ゴーシュは無視できない場所なので説明します。 

「アブ・ゴーシュ/Abu Ghosh」はアラブ系イスラエル人約7000人が暮らす村で、「フムスのメッカ」として有名な場所です。フムスは中東でよく食べられるひよこ豆のペーストで、イスラエルではイケアにもあるほどの定番料理です。

イケアのフムス。ピタパンの上に乗っていてかわいい。

そんなアブ・ゴーシュに「アブ・ゴーシュ」という名前のレストラン(詳細記事)があるのですが、2010年、オーナーの「Jawdat Ibrahim」氏が発起人となって作ったフムスが「世界最大のフムス」としてギネス登録された過去があります。

レストラン「アブ・ゴーシュ」の外観

当時、イスラエル国内から50人のシェフが集められ、高さ6.1メートル・重さ4,087キロのフムスが完成したそうです。ちなみにギネス記録に関しては隣国のレバノンと競い合っており、二国間のこのやりとりは「フムス戦争」とも呼ばれています。

「エルビス・アメリカンダイナー」の外の様子

では本題に戻ります。エルビス・アメリカンダイナーは、道路沿いの、なんてことないガソリンスタンドの一角にあります。ここからは写真で詳しく紹介していきましょう。

一見普通のガソリンスタンド…

イスラエルによくあるガソリンスタンド。奥にチラつく「ELVIS」の文字。

駐車エリアには、巨大なギターと国旗が飾られています。

国旗の端に「エルビス」と書かれた店がありますが、これはただのコンビニです。

こちらがエルビス・アメリカンダイナーの外観。独特の雰囲気を放っています

お店の看板の横にはイスラエル国旗。

エルビス・プレスリーの像がお出迎え

とにかく目立っているのがこちらの像。

後ろ姿も迫力があります。

像の足元には、彫刻作品であることを示すプレートが設置されていました。

1989年にエルサレムで製作されたことが伺える。

ドライブスルーもある

さすがはガソリンスタンドといったところでしょうか。

「この町で最高のハンバーガー/The best burger in town」とあります。(ここが地域で唯一のハンバーガー屋であることには触れないことにします)

ではいよいよ店内へ。

LINEで送る
Pocket

がぅちゃん
About がぅちゃん 30 Articles
この記事を書いたのも、あの記事を書いたのも、がぅちゃんです。活動歴はプロフィールをどうぞ。