テルアビブで話題の屋台メシ「ブリック」を食べてきた@カルメル市場

LINEで送る
Pocket

イスラエルのテルアビブに住んでいます、がぅちゃんです。

カルメル市場で寝てたネコ

テルアビブ最大の野外市場かつ観光名所のカルメル市場では、様々なストリートフードが売られています。中でもよく話題になっている、リビア料理のブリックが食べられる「Burika」という屋台で食べてきました。

ブリックとはどんな料理か

ブリックの例。画像:Rusty Clark ~ 100K Photos

もともとブリックは、春巻きのような薄い生地に卵を落として揚げる、おやつのような料理です。チュニジアやアルジェリアなどの北アフリカでよく食べられるそうで、地域によって形状や味が変わると言われています。(アジアに様々なタイプの餃子がある感じでしょうか)。ちなみに英語表記は「Brik」「Burik」など様々です。

カルメル市場の屋台「Burika」では、独特の進化を遂げたブリックが食べられるということで話題になっています。それでは行ってみましょう。

テルアビブのカルメル市場へ

カルメル市場(Carmel Market/Shuk Ha’Carmel)はテルアビブを代表する観光地のうちの一つで、観光客がほぼ必ず訪れるであろう場所と言えます。 全長約500メートルの道の挟むようにぎっしりと露店が並びます。東京・上野のアメヤ横丁や京都の錦市場と似ています

カルメル市場を端から端から歩く動画

カルメル市場には、衣服、日用雑貨、生鮮食品、屋台など、様々な露店が並びます。特に食材が豊富でテルアビブの台所といった側面があり、カルメル市場で食材の仕入れを行うテルアビブの飲食店も存在します。

カバンや服などを売る店

カルメル市場の典型的な八百屋

クナフェなど中東の菓子を売る店

死海グッズの種類も豊富。(イスラエルでは、死海グッズは死海以外でも売られている/海外ZINEの記事より)

リビア風ブリックの屋台「Burika」

数ある屋台の中でも割といつも通行人の注目を浴びているのがこの「Burika」です。リビアのブリックを売っているということで、店の看板にはかつてのリビアの最高指導者「ムアマル・カダフィ」のデザインが施されています。ダークユーモアが効いています。

屋台の様子

ムアマル・カダフィの顔がロゴになったような看板

メニューはシンプル

屋台の頭上にある看板がメニューになっています。ヘブライ語と英語で書かれており、値段もはっきり記載されているのでわかりやすいです。内容もシンプルで、「エッグ・ブリック」「ポテト・ブリック」「ミックス・ブリック」「ラム・ブリック」の4種類。

看板に記載されたメニュー。右側にはコーシャの証明書も掲示されている。

ブリックのみか、ピタパンにブリックを挟むのかを選べる。エッグに「ベジタリアン」、ポテトに「ビーガン」とわざわざ記載されているのが面白い。

ピタパン付きのエッグ・ブリック(18シェケル/540円)を注文。するとすぐに、 慣れた手付きでお兄さんが油にブリックを放り込みます。四角い春巻きの生地の真ん中に生卵を落として三角形に閉じて揚げるといった感じでした。3分ほどで出来上がります。

揚げられるエッグ・ブリック(写真左上)。手前のドーナツも美味しそう。

食べてみる

ピタパン付きのエッグ・ブリックがこちら。(というかエッグ・ブリック付きのピタパン)

ふわふわとバリバリの食感が共存していて良い。

ソースや具材のバランスが良い。3個は食べたい。

ピタパンの中には、エッグ・ブリック、トマト、キャベツ、辛いソース(おそらくスクッグ※)が入っています。揚げ物なのに質素でさっぱりとしていておいしい。物足りない気もしつつ、これはついつい次が欲しくなる味だなと思いました。けっこう好きです。

※ちなみにスクッグは、イスラエルのケバブ屋にもある赤くて辛いソース。店員が「スパイシーOK?」と聞いてくる場合、たいていコレについて聞いていることが多いと思います。スクッグの詳細はイスラエル料理の解説記事(5ページ目)にて説明しています。

カルメル市場は食べ歩きに向いている

カルメル市場には、今回紹介したブリックの屋台以外にも複数の屋台が存在します。テルアビブでストリートフードといえばこの場所なので、どの屋台もそこそこおいしいです。ジューススタンドもそこら中にあります。

カルメル市場のちょっとした飲み屋

それだけでなく、路地裏には名店が潜んでいたりするのでグルメに関心がある方は楽しめる場所ではないでしょうか。ただし、カルメル市場も付近の飲食店も、結構混んでいるのでそのあたりはお気を付けください。

業者が買いに来る精肉店のステーキ屋「m25」。カルメル市場の路地裏にある。

ブリックの屋台「BURIKA」の営業時間

日〜金:10時〜18時
土曜:休み

カルメル市場の営業時間

日〜木:8時頃〜17時頃
金:8時頃〜15時頃
土:休み

カルメル市場に興味のある人はこちらの記事もどうぞ:【イスラエル】テルアビブのカルメル市場でオススメの食べ歩き&お土産8選

LINEで送る
Pocket

がぅちゃん
About がぅちゃん 30 Articles
この記事を書いたのも、あの記事を書いたのも、がぅちゃんです。活動歴はプロフィールをどうぞ。