世界ごはんたべ記#77 大阪の居酒屋「大衆食堂スタンドそのだ」

LINEで送る
Pocket

「世界ごはんたべ記」のせつめい

「世界ごはんたべ記」はライターのがぅちゃんによる外食の記録です。どんなお店で何を食べたか、どんなことを感じたか、など自由に書いています。


海外での生活が長いので、異国のお店はよく登場すると思います。でも「世界」と名乗っている手前、母国のお店もたくさん発表していきたいです(か?)。



前回の記事「#76 大阪のタコス屋/タコベル 」はこちら。「世界ごはんたべ記」の記事一覧はこちら

大衆食堂スタンドそのだの概要

大衆食堂スタンドそのだの外観。

「大衆食堂スタンドそのだ」は、極めてコンテンポラリーな居酒屋だ。日本の昔ながらの大衆食堂の雰囲気を残しつつも、センスはどことなくフューチャリスティック。レトロな雰囲気があるけれども、歴史によって生じたものとはまた違って、2021年でしか表現できないレトロさがある。かといって嘘っぽくない。シティポップが流行って現代の音楽として一般市民の生活に溶け込んでいるこのご時世そのもののような空間だ。ここは間違いなく、現代の本物の居酒屋ではある。

店内の雰囲気。

大衆食堂スタンドそのだは大阪にいくつか店舗があるけれど、「心斎橋(しんさいばし)ネオン商店街」に爆誕した店舗がとくに流行っている様子だったので、行くことにした。ちなみに心斎橋ネオン商店街とは、「心斎橋PARCO」の地下2Fで2021年3月にオープンしたフードコートだ。あやしいネオン街を、現代のセンスでクリーンに表現したような空間となっている。メインフロアではDJがバチバチのトラップビートを流していて、クラブのような状態になっていた。

心斎橋ネオン商店街の雰囲気。

店内の雰囲気

カウンター席の様子。

「一昔前のSF映画で描かれる未来のクッキーな状態」というのが実現するとこんな感じなのかもしれない。そんな気がした。「昔はとくにオシャレではなかったものがオシャレになった」という、時代の着地のバイブスを感じる(私の好きなやつだ)。この現象は私の服と全く同じだ。選ぶのもめんどくさいし着ててもラクだしという惰性でXXLのグレーのシャツとかを着ているのに、わざとやってるオシャレなやつとして、ワンチャン、見てもらえる。

GUでXXLシャツがいつでも買える時代がくるなんて想像ができなかったけど、未来は思ってたよりだいぶ早めに到来してた。

大衆食堂スタンドそのだの料理

大衆食堂スタンドそのだのメニュー(表)。

大衆食堂スタンドそのだのメニュー(裏)。

日本の大衆食堂の料理ではあるけれども、海外の大衆料理もまざっている。「セロリナンプラー漬け」とか「カオマンガイ」とか「チャプチェ」とか、アジアの屋台みたいな料理が目についた。「メキシコきゅうり」なんてのもあった。値段はリーズナブルで、前菜250円〜といった内容。数人で来て10数品ほど頼んでワイワイすると最高だなと妄想していた。私はおひとりさまだったので、4品にしておいた。

ジャスミンティーサワー。420円。

名物・チャーシューエッグ。480円。中華料理のような苦味が美味しかった。

名物・メンチカツ 

350円。色がユニクロのテープサンダルだ。今っぽい。

ケチャップとマヨネーズのソースに覆われたメンチカツだ。初めて見たときはトマトかと思った。「日本のジューシーなハンバーグ」がクリスピーな衣に完全に護られている。肉の隙のなさと、ケチャップの使い所が完全に日本料理だと思う。最高だ。個人的には、これとチェダーチーズとかを一緒にバンズに挟んでハンバーガーにしてしまいたい気分だった。そんなことしたって絶対おいしいと思う。さすがは名物だ。

日本のジューシー、を説明するときに見せたい状態になっていた。

ルーロー飯 

400円。

ルーロー飯(ファン)は、豚バラ肉の煮込みを米にのせた料理で、台湾の大衆料理と言われている。八角とコリアンダーの風味が特徴的な、甘めの豚の角煮のような味だ。日本では一般的ではないフレーバーだと思う。「ルーロー飯を食べるときは台湾料理で」という、自分の胃との約束があったのだが、まさか日本の大衆食堂で出会えるとは思ってもいなかくて、つい裏ぎってしまった。でも胃は終始ごきげんだった。

ボーダレス

大衆食堂スタンド・そのだの前のDJブース。

大衆食堂スタンドそのだはDJブースのほぼ真ん前にあったので、生の音楽が届きまくっていた。海外のヒップスタなジャパニーズレストランにいる気分だった。むかし住んでいたイスラエルにあった「ディスコ東京」を思い出す。ボーダレス故に、海外にいるような気分にもなる。そんな環境の店内にあるテレビにはオリンピックの柔道の試合が写っていて、銭湯のサウナの感覚とダブった。

イスラエルの選手が戦っていた。

大衆食堂スタンドそのだ@心斎橋ネオン商店街/心斎橋PARCOの住所:大阪市中央区心斎橋筋1丁目8−3

出演-おしながき-

大衆食堂スタンド・そのだ
名物・チャーシューエッグ/420円
名物・メンチカツ/350円
ルーロー飯/400円

大衆食堂スタンドそのだ@心斎橋ネオン商店街/心斎橋PARCOのページ

次の記事「#78 大阪のフレンチジャパニーズビストロ/赤白」

LINEで送る
Pocket

About がぅちゃん 231 Articles
この記事を書いたのも、あの記事を書いたのも、がぅちゃんです。かんたんなプロフィールはこちらです。