アメリカ★ゲイキャンプ体験記S3#5 夜の音楽会

LINEで送る
Pocket

アメリカ・ニューヨーク州のゲイキャンプ「イーストンマウンテン」で4泊5日してきました。「アメリカ★ゲイキャンプ体験記S3」では、現地での体験を時系列で発表しています。

前回のエピソード「S3#4 それは無理」はこちら



S1「ジョーズハイダウェイ」編
S2「サコ川ハイダウェイ」編

探検

おさわり先生のワークショップの後、夕食まで時間があったので探検した。自由きままに歩いていると、自由の終わりがわからなくなる広さ。イーストン”マウンテン”と名乗ってるだけのことはある。(敷地内で2時間のトレッキングとかできてしまうらしい)。遭難できそうだった。

道。

池。

小屋。複数人で泊まれる。

小屋の横のくつろぎ場。

小屋の近くのサウナ。

サウナの看板。ホモエロティックな気配。

本館。

本館の横にある、クロージングオプショナルのプール。

プールの近くに生えてたプルーン(食べられる)。

赤い実(山法師の実というらしい)。

赤い生きもの。

ヘブライ語を見つけた。

ユダヤ教のアイテム(左)と、昭和のベル(右)。@本館

昭和のベルの説明。「昭和ボストンのオープン記念」とある。

仏壇もあった。

仏壇にはチョコ。

本館1F、くつろぎの間。右にジャグジー、左に衣装部屋がある。

ジャグジーは(おもに)夜ひらく。

衣装はレンタルできる。

壁の記念写真。みんな上手に衣装を着こなしている。

12ステップミーティング

話がそれるが、プログラムに「12ステップミーティング」というのがあった。夕食の直前だった。「12ステップ」とは、依存症などを乗り越えるためのプログラムのこと。そのための集まりが、12ステップミーティング。映画「ファイトクラブ」でエドワードノートンがヘレナボナムカーターと出会った会合のことだ。

「12ステップ」の文字をプログラム上で見つけた瞬間、イーストンマウンテンが「リトリートセンター」だったことを思い出した。言われてみれば、酒の提供はかなり制限されていて、マリファナの匂いもしなかった。「もっとお酒があっていいな・・・」という私の疑問に、なんとなく納得の線が結ばれた。

ちなみにディナーのテーマは地中海料理だった。

フムスとピタパン。イスラエル料理か。

レモンチキン、スパナコピタ、スイカサラダetc。美味しかった。

夜の音楽会

音楽会「バラエティショー」を観る客。

夕食後は「バラエティショー」の時間だった。「幹部や有志が出しものをして、みんなでそれを鑑賞する」という祭りだ。順番もくそもない野生な感じで、「やりたいことをやるだぜ!!」というパワーが爆ぜた最高の時間だった。ときおり幹部の芸能活動の宣伝も含まれ、その商業フレグランスは空気を引き締めていた◎

通路で踊るえりちゃん。笑点の曲でも踊れる三代目JSBのエリーを思い出した。

緊張と緩和がとめどなく押し寄せる会だった。慢性的な音響トラブル、班長の新曲、鳥山くんの新曲、えりちゃんのダンス、ミネソタ漫談、おさわり先生のドラァグ、アラスカのブレークダンス、ベリーダンスの先生のベリーダンス、音楽療法士によるピアノバーetc。最後は、班長とその夫によるデュエットで幕が閉じた。

デュエットしてはった曲。リナサワヤマとエルトンジョンのチョーズンファミリー。

えらいもんで、外では音符がたちんぼしてた。

次のエピソード「S3#6 槍の間」

LINEで送る
Pocket

About がぅちゃん 246 Articles
この記事を書いたのも、あの記事を書いたのも、がぅちゃんです。かんたんなプロフィールはこちらです。