世界ごはんたべ記#87 東京のパレスチナ料理屋「ビサン」

LINEで送る
Pocket

「世界ごはんたべ記」の説明

「世界ごはんたべ記」は食レポです、と言ってよいのかもしれませんが、違う気もします。1エピソードにつき、1軒のお店を紹介します。「世界」と名乗っている手前、異国のお店も母国のお店も登場します。



前回のエピソード「#86 ヴィーガン料理専門店/ファラフェルブラザーズ・一号店」はこちら。「世界ごはんたべ記」の記事一覧はこちら

ビサンとは

ビサンの外観。

パレスチナ料理 ビサン。

「ビサン/Bisan」は、東京の十条にあるパレスチナ料理屋だ。「十条」とサラッと言ってるが、私は東京のことをよく知らないので、あまりピンときてない。故郷の京都にも「十条」はあるが、行ったことがなさすぎて、これまたピンとこない。

十条という地域にピンとこないにもかかわらず、通ってるような態度で「十条集合で」とラインした、東京に住んでる大学の同級生にだ。彼は「意外」と言ってきた。なんか意味不明だが、しっくりきた。2年ぶりくらいに会う友達だった。

ぜんぜんビサンの説明になってないが、そういう流れでビサンに行った。ビサンに行きたい自分の都合に、友人を巻き込む形となった。ビサンはパレスチナ料理のお店。パレスチナは、私がむかし住んでいたイスラエルの隣にある(と言っておく)。

ビサンの雰囲気

ビサンの前の道。

商店街のような道にビサンはある。なるほど、これが十条か(完全に知ったかぶりだ)。よくわからないけれど、シブヤとかハラジュクとは違う世界だということはわかった。

ビサンの店内。

店内にはアラビア語に聞こえる音楽が流れていた。耳だけなら「中東料理の店」という感じではあった。でも目を使って店内を見渡すと、「パレスチナの店」だということが、じわじわ伝わってくる。

パレスチナの国旗(と、昔の指導者のヤーセル・アラファート)。

パレスチナの地図。「ヨルダン川西岸地区&ガザ」とある。

トルコとかアラブとかなんかよくわからんけど中東の店? ということで埋もれる気は、さらさら無いような雰囲気だった。客が数名おり、店長とフレンドリーな感じで会話している。というか店長がフレンドリーだ。

ビサンのメニュー

アラカルトのページ。(1/9)

サラダ&ペーストのページ。(2/9)

肉&ケバブのページ。(3/9)

メインディッシュのページ。(4/9)

セットメニューのページ。(5/9)

デザートのページ。(6/9)

ドリンクのページ。(7/9)

シーシャのページ。(8/9)

パレスチナの本格家庭料理。それは、中東で待つ優しい母の味。(9/9)

「パレスチナの本格家庭料理。それは、中東で待つ優しい母の味。」と、メニューにあった。パレスチナの家庭料理であり、おかんの味。確かに、わかる。どっちも知らないけれど、そう言いたくなる雰囲気ではあった。

メニューには、ファラフェルやフムスやケバブなど、日本でも知名度の高い料理がちらほらあった。トルコアイスもあって、それはそれで食べたいと思った。「まるっと中東の定番料理を食べてみたい」という人も楽しめる内容だと思う。

ビサンの料理がおかんかどうかは、この時点ではわからなかったが、いろいろと優しいことには間違いないと思う。それは店長の喋り方からして、耳でも感じていた。

ファラフェル

1300円。ハート型か?

「ファラフェル/Falafel」とは「ひよこ豆のコロッケ」のような料理だ。パレスチナと食文化をほぼ共有するイスラエルでは、イケアのホットドック売り場(の横)にも売ってる。ソウルフードと言ってよいと思う。

ビサンのファラフェルの断面。

イスラエル料理屋だと、ファラフェルを主力商品としている(というか凝っている)お店が多い印象だけど、ビサンはそうでもなさそうだった。肩の力が抜けていて最高に美味しい。力んでないという意味で、おかんが作ってる感じはあるかもしれない。

「クミンとコリアンダー風味の手作り豆コロッケ」という感じだった。例えとしてのコロッケではなく、本当にコロッケという感じ。パレスチナ、というか十条、という感じで、イスラエルのファラフェルではない感じだ。美味しさは明明白白。

フムス

900円。

「フムス/Hummus」は「ひよこ豆のディップ」のような料理だ。ひよこ豆、ニンニク、レモン、タヒーニ(中東のゴマペースト)が含まれるが、必ずしもこの通りではない。日本でも家庭によって味噌汁に差が出るような感じで、幅がある。

お店によって、クリーミーだったり、レモンの酸味が強かったり、タヒーニが濃かったり、ひよこ豆のテクスチャが露わだったり、いろいろある。表記もいろいろあって、「ホンモス」とか「ホンムス」とかある。ピタパンで食べるのが一般的だ。

ビサンのフムスは水分量は多くてクリーミーで、タヒーニと塩が濃いめだった。ニンニクも感じる。かなり好みだ。このとき人生で初めてフムスを食べ(させられ)た友達も、「美味い美味い」と言っていた。人類にとって美味しい味なのだと思う。

ファラフェルチェック

ごちそうさまのとき、店長から「ファラフェルチェック」を受けた(嫌な感じじゃなくて)。ファラフェルチェックとは私が勝手に使ってる言葉で、「ファラフェルをなぜ知っているかの質問」という意味だ。日本でたまにある。

チェックの内容は(というかべつにチェックじゃないけど)、「中東に行ったことがあるか」「どこでファラフェルを食べたのか」といったものだ。イスラエルのテルアビブに住んでいたと伝えた。店長は「あーなるほど」となっていた。

この瞬間、お店で一番激しいノンバーバルコミュニケーションが発生していたと思う。店長もテルアビブに住んだことがあるらしい。他の客との会話では「イスラエルに帰ったときに」など言っていた。おかんのレシピはそのとき学んだらしい。

店長の話がおもしろく、意図的に訓練しないと習得できないレベルの言語(日本語)を使いこなしていることにいちいち気づけなかった。ノンバーバルでもバーバルでも興味深いコミュニケーションが味わえた。

ビサンのファラフェルとフムス。

もうイスラエル料理ということで話を進めてしまうが(厳密にはイスラエル料理は無い)、ファラフェルとフムスは、「イスラエル料理の名前を3つ挙げよ」という質問があれば確実に挙がる2つだ。

その2つをピンポイントで注文したので、何かが伝わったのかもしれない。店長は「みんなファラフェルはあんまり頼まないし」みたいなことを言っていた。ビサンはイスラエルにあるが、ここはイスラエル料理屋ではなさそうだった。

今回のおしながき

ビサン/Bisan
ファラフェル/1300円
フムス/900円

ビサンのHP

ビサンの住所:東京都北区中十条2丁目21−1 1F

次のエピソード「#88 東京のパレスチナ料理屋/アルミーナ」

LINEで送る
Pocket

About がぅちゃん 231 Articles
この記事を書いたのも、あの記事を書いたのも、がぅちゃんです。かんたんなプロフィールはこちらです。