​​無名店の食レポ#3 アメリカのスピンドラーズ

LINEで送る
Pocket

無名なのは貴様だ。というのをまずは差し置き、日本で無名の飲食店についてレポートする。知られざる名店です(か?)


前回のお店→【#2 アメリカのウェイダウンタウン】

スピンドラーズとは

スピンドラーズの看板。

「スピンドラーズ/Spindler’s Provincetown」は、アメリカ屈指のゲイタウンの「プロビンスタウン/Pタウン/Provincetown」にあるレストラン。かなり質重視な様子。「タイム」誌で「世界で最も影響力のある100人」に選ばれているシェフ「バーバラリンチ」と協力して誕生したお店らしい。

「ニューイングランドの食材をフレンチのテクニックとイタリアンのソウルで」など説明があった。つまりアメリカのアップスケールなフュージョンと言える。おじいちゃんやおばあちゃんは遠慮する料理の可能性がある。ニューイングランドとは、Pタウンがあるマサチューセッツ州を含む地域のこと。ロブスターが有名だ。

スピンドラーズの雰囲気

お店の外観。

スピンドラーズは、プロビンスタウンのダウンタウン兼メインストリート(コマーシャルSt)にある。コマーシャルStは飲食店だらけで人(客)が多いので、存在してるだけで人気店のようなお店も多い気がする。がしかし、スピンドラーズはその手のバトルには参戦してない様子。

スピンドラーズはコマーシャルStの端のほうにあるので、食い意地をはらないと辿り着けない。メインストリートのわりに、かなり静か。2Fの席からシラけたニューイングランドの海が見えて風情を感じる。下々の通行人(位置的に)が、「なんなんだいこの店は」といった態度で通過する。

2Fから見える海。

スピンドラーズのメニュー

ドリンクメニュー。

フードメニュー。

アメリカの現代食の総決算、といった感じ。色んな国の料理を自国流に解釈したアメリカの料理達が、さらなるブラッシュアップを遂げて並んでいる。べつに地獄を見たわけではないだろうが、面構えが違う。

ガスパッチョ。1540円/14ドル。

ガスパッチョにロブスターを追加。1100円/10ドル。

チーズプレート。1650円/15ドル。

ステーキフリット。3080円/28ドル。

エビとホタテのグリル

3960円/36ドル。

ホタテ。

エビ。

なんだか炉端(ろばた)焼きのような名前だが、アメリカンだ。フライドライスケーキ、緑のあえもの(slaw)、緑のアイオリソース、が含まれている。フライドライスケーキは、焼きおにぎりのフライみたいで美味しい。ちなみにアメリカでは、固形にした物をケーキと呼ぶ。カマボコもフィッシュケーキだ。

フライドライスケーキの断面。

ディナー上等

スピンドラーズはとても美味しかった。他のレストランと比べて特別に高いわけでもない。でも料理の細部に注いだ神経の投与量が多いと感じる。そういうディテールへのラブがつみかさなって口のなかで美味いが爆ぜた。まんまと翌朝も訪れてしまった。でもここだけの話、ディナーの方が上等とは感じた。

ブレックファストサンドイッチ。880円/8ドル。

御ま品と書め

スピンドラーズ/Spindler’s Provincetown
ガスパッチョ/Gazpacho/1540円(14 USD)
チーズプレート/Cheese Plate/1650円(15 USD)
ステーキフリット/Steak Frites/3080円(28 USD)
エビとホタテのグリル/Grilled Shrimp & Scallops/3960円(36 USD)
ブレックファストサンドイッチ/Breakfast Sandwich/880円(8 USD)

スピンドラーズのHP

スピンドラーズの住所:386 Commercial St, Provincetown, MA 02657

関連記事

プロビンスタウンの記事一覧
アメリカ料理の記事一覧

はしごYES?【#4 アメリカのヴァルズレストラン】へ

LINEで送る
Pocket

About がぅちゃん 276 Articles
この記事を書いたのも、あの記事を書いたのも、がぅちゃんです。かんたんなプロフィールはこちらです。